■09'11/24■実質23日の話だけど。久方ぶりに会った友人と14時から1時まで話し込む。お互いくどくってしつこい。脳みそがスポンジみたいにスカスカしとるわ。
■09'11/18■シナリオを書いてる。相変わらず、自分語りになるわけだが、内容によっては心拍数が上がる。指が振るえ、アドレナリンが。昨日の残り物で飯を食いながら「ギャラクティカ」観てる。面白い。
■09'11/17■もう随分長いこと同じ飯。味ってよりも食べて補充って感だからだと思うんだが。フライパンの使い方下手だし火を通して何が壊れるか分からないから必然全部煮込んで豪華な味噌汁で摂ることになった。玉葱人参じゃが芋牛蒡大根白菜椎茸肉と味噌。それと納豆と白子干しと麦混ぜたご飯。これが数ヶ月。よく飽きあいな、と自分でも思う。火を通して食らう生物って珍しいのだろう。火を通さないで食べられるものだけ食べていたら人は何食ってたんだろうなあ。俺の弟は生肉むしゃむしゃ食うから案外火を通すなんてのは習慣でしかないのかもな。律儀な生き物だ。
■09'11/09■さて、久しぶり。例えるなら、寝室の床下から死体を発見した感じ。まあ、ゾンビじゃないんだから害はない。が、身を横たえていたその真下って不快さと、いなくなった後にも残るその不在の影響力ってのか。そんな日々。要するに、不愉快だ。
■09'07/30■昨日のキャスト間違いでした。よく見るとキャラクター示す画像が出てるのね。しっかり見るとウォーケンはアーミティジじゃねえやな。本当に出来上がるのかなあ。
■09'07/29■映画「ニューロマンサー」。アーミティジにクリストファーウォーケン、リヴィエラにポールベタニー、レイディ3ジェインにクリスティーナリッチ、フィンがブシェミで忍者が真田広之。アシュプール老か生姜のおっさん(名前忘れた)がイアンホルムか。肝心のケイスがアナキン役のクリステンセンてのが非常に不安なんだけれども。ポールベタニーがやればええのに。で、モリイにオルガクリレンコ。むううん。いいじゃないか。
■09'07/24■日記てわりに二三ヶ月前の話だけれども。好きな作家に浦賀和宏って方が。母が入院している頃で郵便物やら実家で植物の世話なんかしたりしつつケーブル点けてPV流れていた。で、邦楽のPVなんて興味ないんだわ。が、そこで歌っているのが、件の浦賀作品の女性のイメージに被る。ああ、こんな感じの人かもな、と観ていた。歌が終わる頃、名前を知って驚いた。「はじまりの唄」安藤裕子、とあった。
■09'07/19■北海道東京みたいになって、東京が亜熱帯になんでねえの?いや、ほんと。ここ数年言ってんだけどさ。梅雨っぽいんだよ、なんか。
■09'07/16■数年前までモズは全国共通の呼び名ってか、正式な名称だって思ってた。蝉って日本じゃ凄く有名な昆虫なのにねえ。てか、ずっと昔、地方がそれぞれ分断していた時期から身近にいた生き物ってそういうもんなんかもね。よくモズを釣りに行って、家で羽化するの見るのが好きだったな。
■09'07/15■早起きするのやめちまった。朝飯も手ぇ抜いてんな。晩飯くらい作りたい。今日知り合いの方から報告受け療後の経過が順調なようで安堵しました。やあ、よかった。なんか上向いてきたか。東京にいれば完治祝いできんのになあ。最近祝えること続いたんだが、祝えないのがなによりこっちきて嫌だと思うことだわ。めでてえのになあ、畜生。
■09'07/13■時折「〜とはどういうことか」ってのを考えて短く纏めるのだが、そういう癖があんだなってのに最近気がついた。”美しい”ってのは再現率が低い在り方を言うんじゃないだろうか。鳥を模して空を飛んだが、地面を離れる様と着地する際の鳥の姿ってのは真似できていない。また、再現率が低い、のであって不可能なものってのはほとんど見当たらないのかもしれない。綺麗なものを再現してしまったなら、オリジナルとコピー両方とも少し醜くなるのだと思う。再現したくなる気持ちをこらえて慎重に接するのが、美しい何かに対する一つの態度なんかしらね、と。何かに出会って綺麗だなあと思うことが随分減った。今日はカラスが鳩を食っていて、帰りにまた見たら綺麗に骨だけになっていた。魚を上手に食べる人っているじゃない。まさにあんな感じ。箸も使わないで器用なもんだ。今日はいいもん見れたので気分がいい。
■09'07/09■烏の癖にドッグファイトをやっていた。一羽のテクニカルさが物凄い。二羽がぎゃあぎゃあやってんだが追いかけられていた鴉が空中でエアブレーキ。一気に後方を抑え張り付いて追い込むの。あんな動きできんだ。鳥って速いとか鋭いとかで戦略なんてねえと思ってたけど。決着ついたらしくアンテナで並んで止まりってた。派手なじゃれ合い。(以下『日記REMIX』でお楽しみください。)最終回。《前回までのあらすじ。パラノイアの夢見るキリストあんぱんマンは衰弱しきった身体で最後の”カフカ的ハイ”を体験する。史上最悪のトリップを続ける中で世界を覆う不可解な現象の原因を見出す。それは地球から何光年も離れた遠い宇宙のどこかで”ヨガミ(善神)”と”カミ(神)”の永きに渡る争いに決着が着き、”ヨガミ”の消失とともに失われた秩序と全権を掌握した”カミ”の混沌の浮上というものだった。目覚めた彼は疲れ果て、死ぬことにした・・・。》あらゆる人々の間で視覚の変化が起き始めた夜明け。これまで青かった空はピンクに濁り、朱の唇はシアンに見える。肌の色は錆が浮かんだように斑に色彩が交じり合い、食卓に並んだコーンクリームスープはヤニ色に染まって見えた。誰もが混乱し、恐れ。目を閉じ見 える瞼の裏はブラウン管の砂嵐を映す。誰もが何かよくないことが起きている、と。世界が発狂しかけた三日目。ネットで嫌な動画が流れた。ワイアで首を吊り、絞り込まれたそれに切断されるまでの映像。転げ落ちた首のだらしなく開いた唇から、絶叫の後、長くボソボソと聞き取りづらい言葉が続く。首が告げる地獄の実況中継。転げ落ちた首は”そこ”で見ている光景を17分23秒語り続け、唐突に沈黙し。それを見た人は少ないけれども、それを見た数少ない人は涙を流した。見慣れない花が咲くころ、死者が目を覚まし、街を歩き始め、空気は腐臭に覆われた。見上げたビルの開いたままの窓からは、誰かが掛けっ放しにしたラジオの空電がかすかに聴こえ、ほんの少しバックミュージックの役割を。確かに綺麗で、とても静かな音が。
■09'07/07■風邪は5日寝る前に直る。今日も仕事休んであれこれ雑事済ます。これで山は越えあとは谷底に転がり落ちるのみ。思うんだけどよ、人生山あり谷ありっていうけどさ、あれいつ休めるんですか?俺ずっとアレコレあるけども休めるときもあるってニュアンスで聞いてたけど。考えれば山も谷も歩きづらくねえか?ハナッから勘違いしていただけなんだろうけど。ああもう何書いてんのかよくわかんねえや。(以下「日記REMIX」でお楽しみください。)第26回。《前回までのあらすじ。ケネディ暗殺の当時の画像をトリップしつつ検証していたシャブおじさんは襲撃現場にオズワルド以外に3人のスナイパーの痕跡を発見し得意の陰謀論が肥大。アンパンマンに世界征服を企む秘密結社がいる筈だから見つけて来い見つけてくださいとお願いしたり。一方、音楽自治都市”フェス”内部で激化する独立系と周辺系の縄張り争いは調停人により一時の混乱を収めるかに見えた。が、タラちゃんイクラちゃんの勧めたデザイナーズで運悪くもオーヴァダウズ。抗争は泥沼化していくのであった。その数時間前、シャブおじさんの妄想に中てられバットトリップしたままアンパンマンはバター犬チーズで 童貞を捨てると同時に変態セックスに足を踏み入れてしまい相変わらずのパラノイアが加速していく・・・。》”フェス”は移動する。イナゴのように。移動してはテントを開き、ライブして、騒いで去る。行く先々でジャンキーやらライヴ狂いやら低所得者やパンクスだったり音楽に興味のない輩やらでごった返し。タラちゃんとイクラちゃんはステージ脇で調停人の捩れ切った身体見下ろしつつステージへ。彼らはギグる。ギグは評判でわんさかと人。開始5分で乱闘が始まるってんで人を惹きつけた。ジザメリの再来と言われているのはこの部分だけ。何が悪いのか、彼らは全うに一曲も演奏させてもらえず馬鹿騒ぎが始まっちまう。まあ、演奏したなら聴くものなんて誰もいないだろうノイズの洪水で終わるのは目に見えているのだけれども。よりによって今晩は至上最速。いらぬMC入れたばかりに(それが原因とも思えないが)早速始まる。ステージ下は血まみれ汗まみれ反吐まみれ。好きなスタンドは何か話しかけている途中だったってのに・・・。騒ぎの中にパラノイアの権化と化したアンパンマンが登場することで未曾有のカタストロフ。おいしそうなロシア料理みたい、ってところで以下 『日記REMIX第27回』で。
■09'07/05■風邪。あんまひかない方なんだけども。目の奥熱いし関節ダルいし。まあ、今は今年度の山場かしらねって面倒くささなんでストレス噴出してもしゃあねえわなあ。電話頂いた方、また折り見て掛けなおします。(以下日記REMIX版でお楽しみください。)二人に血の繋がりは恐らくないであろう、また、彼らが同い年ということもあるまい。が、彼らに出会った者が真っ先に抱く”双子のような赤の他人”という印象、まさしくそれを彼もまた抱いたのである。モッズとパンクスを出鱈目に掛け合わせたような刈上げにオカッパ。チグハグに舌ッ足らに、どぉだってんだよぉ・・・ええ、おい、信じられるか・・・、と。カサカサに乾燥し油が抜けきり艶を失いダンボールじみた肌、目ばかりが熱っぽく慢性の鼻炎に悩まされてる風。典型的な街場のジャンキー。タラバガニってえのはよお、カニってんだからよぉ、カニだと思うだろ・・・ところがどうよ、ヤドカリの一種だって。騙されるよなあ、おい。ただよおあいつ等が縦に走っても文句は言えねえ。そういうもんだってハナシだよ。それと知ってるか・・・タラが沢山取れるからトコにいっから鱈場蟹ってんだよ。ええ。おい・・・。 キマる度に何が面白いのかタラバガニの話をするため、男は街場では”タラちゃん”と呼ばれ、また、相方は”イクラちゃん”での通り名がいつの間にか定着していた。キマッているならいつだって相方の返事は”ハ〜イ”だから。”タラちゃん、イクラちゃん”の双子のような赤の他人。街場のチンピラの中でも最悪の二人を前に、あんぱんマンはやはりいつもの様に力が出せずにいた。その上禁断症状のオマケつき。ヒーローコンプレックスとキリスト妄想を掛け合わせたヘヴィな奴。今も彼の頭の中では哀れ子羊に自らの頭を差し出し食い散らかされた欠片として己を認識していた。力がでねえってんならよぉ、トレードしてやるってハナシだよ・・・。そう囁くタラにアンパンマンはそっと自分の頭を差し出した。目の前に二対のダンクルオステウス。ヘトヘトのジャンキーが織り成す甲冑魚の夜。以下『日記REMIX第二回』にて。
■09'06/30■そういや今日は随分と職場の人と話したなあ。普段”寡黙で通してる”ってわけでもないからタイミング合えば話はするんだけれどもさ。今日に限ってやけに話したなあって気がすんの。転職して来ている人が多いってのもあってアレコレ聞けて面白いや。
■09'06/29■例えば、だ。ギターを手にしたり、ペンを握ったり、子供を抱いたり。まあ、何だっていい。大事で大切にしたいものってのを手にしたならば、そら放さない。それを指して、”犠牲”と捉えるか、手放さないよう握り締めるか。問題を抱え込んじまってるだけなのか、抱きしめてるのか。いづれにせよ、肝心なのは力を抜くってことなんだろうけれども。今日は女の子が自転車でいつの間にか(いや、いつの間にかなんだよ)コケてて泣いていたのでバンソーコーを上げた。きっとあの娘、俺に惚れたぜ。ああ、惚れたとも。そんなことを考えながら、近所でさんま定食を食って帰った。
■09'06/28■喫茶店でイベント。短編映画の上映会で○と途中から。随分な賑わいぶりで柱の影に納まったので肝心の映像は見れなかった。にもかかわらず、いい集まりだったな、と思える。拘ってんなあって感じで。近場で熱があるのはどうあれいい。金曜には念願、いや、悲願のイッセー尾形の公演にWAと。もう、どうもこうもならんて。感無量。
■09'06/25■俺以外も読む。そう在ることで記憶の外部記録は通常のそれより強固。そんな気がする。思い出ほど「語る/騙る」区別が難しいものもないのだが。日曜。前日は土曜。21日は目が覚めたのが21時。日が変わるころ寺山から連絡があり、アパート。相変わらず深夜のファミレスしてグダって実家して。溜まった郵便物を朝方4時にポスト入り口から掻き出し植物に水。ケーブルつけソファで寺山が寝ている傍ら、俺は弟の部屋でアルバム整理。誕生日が過ぎて贈り物にアルバムを作ろうと思い写真を抜き出して朝。画材屋にアルバム購入で街して別れる。開くまで映画。思うに。例えば蜘蛛と蜘蛛の巣、蜂と蜂の巣。神と人。作られた構造物は自ずと作り手を明らかにするような仕草やフォルムを示し、辿る筈だ。烏の黒いのが見慣れていてもやはり不思議で。アルバム買って岐路に着く。途中。ギターとアンプの共鳴によるフィードバック。アンプリファイアされてノイズ。例えるならそういう光景。賃貸屋で押し問答する自閉症、冷笑する店員。切れる俺。怒鳴り散らす前に耐えて店員放置し彼に話しかけて。強張って「どうした」と俺。「大丈夫だからッ」と駆け出す彼。断片として聞こえる情報状況から迷子。ストークして。歩き回って。何度か 道く人に”おかあさん”の居場所を尋ねるが、逃げられたり。うろうろ。マンションに入り表札を確認しながら辺りを歩く。3度見失い3度見つける。警察してオマワリ。シチ伝えて制服が彼に声掛ける。やはり、「だいじょうぶだから!」と逃げる。人の話聞いてなかったのかよマヌケ、奥歯ってのは”怒り”を抑えるためにあんだな、と噛み締める。再度間を空けてストークしつつ。オマワリ様子見守ってんで帰ることにする。煙草切れてコンビに。出るとオマワリ。ものの10分。「見失いました」と。俺の奥歯磨り減って真ッ平ら。マヌケではあれ、容姿特徴はより大きな組織にプールされてるわけで、最低だが、最悪ではない、と落ち着く。思い出すのは施設からフラッと抜けて餓死した子や、母親が買い物に行った留守番、不意に圧倒的な遅れで飛び出し追いかけてしまう子とか。追いかけても追いつけない俺の昔話とか。気になってウロついて見つけられなくて諦めて帰宅して18時。「大丈夫だからッ頑張るからッ」と耳を人差し指で塞ぎながら黙々と歩く姿がフィードバック、アンプリファイアしてノイズ。
■09'06/23■一ヵ月越で「SOLARCOASTER」のアルバムをアマゾン。98年のだが文句なし。よい。SWDがやったら若々しい感じの。バンドといえばレジオキングなんだが、サマソニの選考やってんのだわ。一日一回投票できる。ので、してる。毎度30人集めてるって書いてあったが、これどういうことか分かるかや。150人ワンマン完売とかさ。最新音源でガチンとどこ向いてるのか示してる感があって、セルフプロデュースだとしたなら恐ろしいこっちゃで。
■09'06/22■ウォマック「テラプレーン」再読。で、テラプレーンてどんな車種なのよ、と。こんなの。うわああ。なるほど虫っぽい。バッタというか、セミってのかな。黒丸さんが亡くなり六部作の内二作だけが翻訳されてんの。国内では第一長編AMBIENTは飛ばし、「ヒーザーン」と「テラプレーン」のみ。「ヒーザーン」に至っては「クローム襲撃」「ニューロマンサー」に続いて読み返す頻度が高い。共通して物語の筋はストレート。それでいて細部の解析度高。密度の高い重金属みたいに重く、ビッシリと企業ロゴのデカル張られたような感じで。
■09'06/21■レスラーって映画みたんだが、抜群。映画的トリックではなく丹念にかつ映画として見事にドラマしていてミッキーロークではなく、描かれている”レスラー”その人の生々しさがぐっと迫ってきて実に。じわっとくる。いい映画だったなあ。で、ターミネーター4も。あまり期待しなかったから結構面白かった。けれども、だ。同じテンション。リズムが平坦で。うううん。てなる。あとデザインがカッコいいんだわ。カッコいいんだけれども、だ。これ本当にスカイネットって”機械知性体”が生み出したデザインなの??て気がしちまうのが残念。人に分かるデザイン過ぎねえかなあってのが。人型の従来のターミネイターはもちろんいいんだけれどもさ。人に似せて紛れ込ませようってんだから。ただ、他のマシンは機械が生んだ異質さってのが感じられなくて残念。予想内てのか。戦闘シーンももっと戦略的でいいんでないのかなあ。将棋やチェスに勝ったりなんだりな”コンピューター”の子孫なわけだし。頭脳戦がないのがあまりに残念。てかハッカーいない対機械戦てさあ、どうなのよ。機械知性とのハッカーバトルとか期待したんだがなあ。ねえ、面白そうじゃない?
■09'06/18■いや、色々あんだよ。パソコン壊したり鴉に襲われたり面倒になったり飽き飽きしたりイライラしたりバイト先の女子どもが給湯室で「いつもツナギ着ている・・・」と自分の噂が聞こえかけ「”ムッチリ”と呼べるならそこはかとないエロスを感じるが、アンタの場合は”どっしり”だ」と即座に口をついて出そうになるのを心の中で語りかることで抑えたり朝食をやたらめったら豪華にしたり。加えて卵を焼いたら俺の朝食は完璧だ。しかし、目玉焼きはまだ俺には早い気がする。これはいざって時に取っておかなくては成らない。魂が(魂と呼びうるものが)グズグズに成ってきた時建て直すやり口ってなあ人それぞれだろうが、俺は飯だ。飯作って喰うことを考える。そして実行に移す。作って食っている内に、徐々に。
■09'05/10■あひゃ、一週間空いてしまった。服買ったらさ、サイズ小さいの。むふううん。袖が足りないんだよなあ。腕が若干長いんだよ、俺。それ忘れて買うからいかんのだ。なんかバランスの悪いACみたいなもんで下半身Mで上半身Lなんだよ。性癖はSで。ね、これオチ。笑うとこ。
■09'05/02■晩飯を食いに散歩。大学で一人暮らしをし始めてから晩に歩くのが好きになった。大学から随分とはなれたところにアパートがあり、車が多く、人通りは疎らで。車の走る音と自分の足音を背景に冷えていくアスファルトの匂いが酷く心地よかった。読みかけのハードカバーだけ手に持ってブラブラ歩いて。今日もそんな晩で。明日から見舞いで数日家を空ける。
■09'04/30■さて、明日から5月だって。ようやく暖かくなってきた。連休中は公園でも散歩するかな。うわ、嘘。きっとしねえだろうな。あー、すげえムシャクシャする。
■09'04/26■雪降ってやがる。胸糞悪ぃったらない。倉庫寒いんだよなぁ・・・。明日の朝食を張り切るのでもう寝る。パンとスープと果物。いい響きじゃないか。実に。四月も最後の週なのか。今年も三分の一が過ぎ去ったんか。まったく・・・。
■09'04/25■久々にレヴュウを書く。
■09'04/24■最終日、文字通り駆け込んで映画に。入ったらもう予告編始まってんの。観たのは「ウォッチメン」。いやああ、すげえ。こんなヒーローものが観たかった。抜群に面白い。「アメコミ」ってのはアメリカを描いたコミックだな、とつくづく思う。なんて贅沢な映画なんだ。ディテクティブストーリーめいた展開と合間に入る抜群のアクションのメリハリが利いていてかつ、ヒーローって在り方が観る風景が徹底していてなあ。暴力の渦中にいる生々しさが噴出してアクションシーンと暴力シーン「どっちか」でなく両方取り上げてる様が凄い。「300」から劇場二作目でこれだもの。スナイダーの熱量ったらない。
■09'04/23■サウンド、というものには必然性があるものだ。少なからずとも時代を反映した音には確実にある。結果として”似ている”のではなく”共通”したサウンドが脈打つ。いいとこ突いてんなぁ、と友人に感嘆する。分かるだろうか。それは何かの延長であり、かつ、思いもよらないものへの連続を表しているような。そんなサウンド。分かるかい。俺はアンタのことを話してるんだぜ、ミースター?
■09'04/22■明後日と書いておいてよかった・・・。今日も外食で済ませた。明日は家で食う。また煮物と納豆と味噌汁なんだろうなあ。バラードが死んじまった。最初に読んだのは「クラッシュ」か「コカインナイト」のどちらかだったかと思う。「溺れた巨人」の騒々しさと拡散していく感じがたまらなかった。”死”ってものよりも”朽ち果てる”様が。フラミンゴの話はしたっけ?真っ白な塩の海にピンク・フラミンゴが群生している遠景。幻想的でひどく病的。彼らの足元には塩の海原で生物は生きていけないんだよ。近景。蝿だけは例外で、ピンク・フラミンゴの足元では真っ白な塩を背景に無数の黒い蝿が飛び回っている。まったく地獄のような光景。
■09'04/21■外食多くなってきた。これはいけません。明後日から自炊再開しないと。
■09'04/20■そうか、Aの字は関西に行っていたのか。しかしマックのポテトを三つ食らう男がいるとは。いやね、シンクロニシティって奴でさ。カラスのこと書いたらカラスの巣をやはり書いていたのだよ。びっくりしたよ。おもしろいねえ、こういうの。映画や漫画で物や風景を介してカットを繋ぐがあんな感じ。面白いねえ。
■09'04/18■今時期はよくカラスが枝を集めてる。鳥の中でもカラスが好きなのは小学生の頃駐車場でカラスが巣を作っているのを見て感動したからだと思う。俺の家は北海道暮らしの癖に車を持っていなかったから駐車場ってのは生活線から外れ遊び場になっていた。ミラーを折ったり走行中の車に林から石を投げたりして遊んだのも車がどんな代物か分かっていなかったからできたんだろう。普段はつるまない奴と身を潜めて崖下の車に石を投げて怒号を発しながら追いかけてくる運転手から逃げる。あまりにも怒っていたから一度きりで止めたんだと思うけど。三台の内一台は運転手が降りて追いかけてくる。あれ逃げ切れてなかったらどうなってたんだろうな。で、駐車場ってのは大事な車を停めるところって感覚もなく軽石でアスファルトに落書きしたり毛虫の家を作ったりして遊んでいて、頭上にカラスの巣を見つけて凄く驚いた。普段動物は何を考えてんのかわからんかったけれども、この時は”巣を作っている”ってのが明確で。
■09'04/16■ストレス耐性試験のための実験動物にでもなった気分でかれこれ一年以上経ったか。「ラッキーはいりませんか、ラッキーはいりませんか、ラッキーは、」―百年間もぶっつづけでで叫び声をあげるつもりだろうか。停滞に対する悪夢のような恐怖。ここに釘付けられはしまいかと言う怖れ。B老は書いた。俺はそれを昔読んで恐ろしいと。今では懐かしいと。スターリングのポップスター気取りにイライラする。今はバラードが読みたいが読んでいない本を持っていない。パラニュークやクープランドが読みたい。けれども何を読んでも、頭に入ってこない。俺はこれが過ぎれば状況は良くなると、どこか信じてしまっているんだ。ミースター?”きっと良くなる”ってのはどこから吐かれた台詞なんだか、流石に今じゃ知っちまってる。
■09'04/15■2の付く某掲示板の常連だったわけですが、相当書き込んでない。毎日寝入り端そのことが気になる。読んでも書くことがありすぎて手をつけれない。テキショウ。今日はこの時間(22時)になっても眠くない。大分身体が慣れてきた。けどまあ、もう寝る。明日も4時台に起きなきゃだし。
■09'04/14■SOLARCOASTERってバンドがエライ良くてCD欲しいなあって思ってんだが、暫く廃盤で。MYSPACEでずっといいなあいいなあ言ってたんだが再販されたらしく、サイトで全曲聞けてしまう。Likeness of No OneやMatter@Handが非常にいい。むうううううん。カッコいい。まあ、今一番欲しいのはレジオの新譜だけれども。ぐひゃあああああああん。
■09'04/13■もう働いて二週間経つのか。慣れてきた。慣れてくると、先が長い。そう感じる。昼を過ぎると眠い。昼休みは黙々と勉強している。否、しようとしている。今日は気が付くと寝てた。帰宅する頃決まってやったらめったら濃い珈琲が飲みたくなる。ガツンと来る奴。で、SFの短編なんか読みたくなる。ああ!?もしかして、これが仕事空けのビールの気持ちかっ!?おお・・・・
■09'04/12■気分てのを相手にするのが酷く嫌いだ。やることは無数にある。構ってられん。けれどもそういう態度ってのは何かとても不自然だ。やはりどこか自分を大事にし過ぎているんだろう。なんか、うまくねえな。
■09'04/10■喫茶店でマスターと同席した客としこたま話す。”場”で会話する感じって久しぶり。友人とか仕事先の人とかでなく、居合わせた人との会話。北に来て行きつけがようやっと出来たんだろうな。生活が始まったな、と思う。
■09'04/09■ウェルシュの新作が佳境に入っていたためか、MP3に叩き込んでるチャプターハウスが余りにマッチしたためか、地下道の「出口」ってサインがえらく胸に迫りやがって崩れ落ちそうになる。崩れ落ちそうになる。崩れ落ちそうになる。瞬間。強烈であれ、そういう絶妙なタイミングってのはすぐに過ぎ去る。
■09'04/07■うわうわうわ。日記書く時間ない!が、コレだけは記さねば。今日結城一誠からとんでもないものが届いた。もう、あれよ、ニトロ。
■09'04/06■明日の朝こそスパムを挟んでパンを食いたい。今日はそれを楽しみにして眠るのだ。そして起きるのさ。また飯食いながら本読むようになった。思うに「何をやってもうまくいかない」ってのは、事態の好転を願うよりも状況への自分の支配力を示せない憤りだったり自分への過大評価を隠蔽したいがための呟き、否、ぼやきなんだろう。かと言って、自然体で落ち着き力まずリラックスしてってほど達観したフリすんのもな。エゴ剥き出しって自分の様に気が付いてイラつくが、他にやり方を知らん。多分どこかで強さやタフさってのを履き違えちまった結果なんだろうけど。他にどんな手があるっての?確実なのは、寝て起きれば歳を食う。だから”成長”って変化に多様な意味や意義を求めるのはやっかいで。まあ、取り敢えず、ヴォリュームを上げろ。轟音とフィードバック。
■09'04/05■若い頃のロバートレッドフォードって今くらいのブラッドピットにやったら似てる。ニューマンの「スティング」観てて思ったよってハナシ。今は朝方に切り替えたくて明日こそ4時に起きるぞ、と。”寝ぼけた頭を熱いシャワーで覚ます”ってえと、ほら、な?ハードボイルドだろ?勿論お前、アレだよ、えー、バーボン?そう言うの。酒と女と煙草みたいな。逃げる女後ろから撃ち殺したり。何ってブレランね。今のところクリアできてるの煙草だけだけど。3分の1は合格してんじゃん。ああ、そうだ、書き忘れてた。正当化する奴はクソだし自己批判しない奴はクズだろう。”大量破壊兵器”と”対テロ攻撃”とさ、”衛星かミサイルか”と”迎撃”の類似点についてなんで取り上げないんだろうねってハナシ。
■09'04/04■日記書くよ。実家でブレランのファイナルカットをケーブルで見てた。始めてみた頃「VKテスト」が分からなくて気になって仕方がなかった。レプリかどうか判定する”逆”チューリングテストみたいなもんだけれども当時はチューリングテスト自体知らないわけで、二人の人物が何をやり取りしているのか全く分からなかったわけだ。質問の内容に拘ってしまいその質問自体の意図が見えなくなっていた。が、このやりとりで人が死ぬ。それが異様に衝撃的でかつ、非常にクールなもんに思えた。またあのセットがグッと来た。社名ロゴの印字された背の高い革張りの椅子にスモークがかった室内をねっとり拡販する天井のファン。すげえショット。
■09'04/03■朝早起きだから異様に寒い。早く寒いの消えてくれ。4時間禁煙した後吸うとクラクラする。やはり定期的に吸わない駄目だ。あー、アレだな、こう毎日日記書いてると書くことなくなってくるな。明日は実家だから多分書かないよ。家のPC1メガないから。更新するのが大変。でも折角習慣づいてきたからなあ。
■09'04/02■普段飯を食いながら本読んだり映画観たりすんだけども。なんかまだ仕事が自分のペースじゃないから疲労感があって飯食う時の”ながら”が何もなかったのに驚いた。本も読まず飯だけ食ってたな。飯を食う時って暇なんだよ。なんだけれども、今日はそれ気にしなかったなあ。飯を食うのは何より好きだけども。好きだけども、どこか暇で退屈だ。
■09'04/01■シーズン3打ち切り決定。もうね、観ないでいいなって出だしの第一回。友人にスパム買って来て貰ったんだが、なんとも、身体に悪そうで。いつだったか食ったスパムおにぎりが美味しかったのだよ。あああ、ジャンクフード、と。
■09'03/31■明日から4月。俺方の生活もシーズン3て感じになります。来シーズンも放映されるよう頑張ります。でも3シーズン目って一番人気が落ちるのがドラマの定石よね・・・。
■09'03/30■読書ってのはよっぽどの慣れ親しんだ友人でもなけりゃ聞き入れられないようなことに気づかされたりする。曰く、「まだ自分のことをパンクだと思いたがっているようだが、骨の髄から小物のビジネス野郎だ」みたいな、さ。
■09'03/29■さて、週が空けてすこしすれば仕事開始です。ここ数日は職場に顔出した瞬間をずっとシュミレートしています。
■09'03/28■移動中電車で眠い中少しウェルシュを読む。トレスポのサーガで有名だけれども、俺はマラボストークとかも好きで。そういやクープランドやパラニュークの新刊てどうなってんだろ。
■09'03/27■明日から少し家を空ける。日記を途絶えさせるのは嫌だなあ。今日は書店でスターリング「グローバルヘッド」とウェルシュ新刊を手に入れた。ウェルシュの去年の今頃出ていたんだなあ。
■09'03/26■ううむ。素晴らしい。二週間も日記が続いている。祝いに政府からピザが届けられた。ら嬉しいな。ここのところなんかしてみようかな、って気がムクムクと。いわゆる理想ってのは「場所」に現れるのではなく「運動」の最中において現前しうる。システムとしてユートピアを求めない。かと言って「何かしらの実現」を目標に掲げてやるのもなんというか、「見え透いて」馬鹿げて思える。けれども、何かしらやりたくなってきた。ふうううんむ。しかし、今更ながらに勉強しないとって事柄がモロモロ出てきて困る。
■09'03/25■半年振りにWAと会う。奴の”振るえ芸”は職人の域に達した。冷やかしに入った喫茶店で長く入すぎた。場所換えれば良かったな、と。別れ際聞かれた話だが、ここで番号淹れて調べてみるのと公衆電話から掛けてみるってのが手かと。
■09'03/24■一年間は仕事が決まりました。よかったよかった。数年ぶりに髪を短くした。小学生とかにいるな、こういう奴って感。暫く鏡は見ないことにする。ここ数日は外食ばかりだ。よくない。資料撮影にデジカメが欲しい。要らないの誰かない?
■09'03/23■「彼女」って言葉がある。所有格として現される「彼の女」と、本来的な意味での「彼方の女」。この所有と隔絶が生々しく現れるのが成功したなら、実にサイバーパンクしていると思うんだが。うまく描ければいいなあ。
■09'03/22■よしッ!10日連続!ここから新記録なるか。危うく今日日記忘れていた。危ねえ。まったく油断ならんぜ。昨夜随分アレコレ考えたんだが、すっかり忘れちまった。その時にメモとらんとあかん。夢みたいなもんで。しかしよ、山田正紀ってなんでこんなに面白いんだ?山田正紀作品ならなんでも面白く感じちまう回路ができあがっちまったのかなあ・・・。
■09'03/21■久々に顔を見せた奴と短時間セッション。「お前はこんなところで何してんだ?」と。マシンみたいに繰り返す。こちらが正解示さないと次の会話に移れない神経症じみた奴。通り名ってのを考えるのが好きなんだが、”歯医者”って呼ばれるキャラクターはどうだろう。酷く嫌な感じがするじゃないか。
■09'03/20■久々にRECOMMENDでも書くか、と。で、書いていたんだが、CDが見当たらない。こうなると気になって仕方がない。3時間の捜索の結果、やはり見つからない。気になって仕方がない。
■09'03/19■今までスーツを着るってのはどこかに侵入するって機会がなんどかあったせいか喫茶店なんかで珈琲を飲んでいると「おい、君はこんなところで何をしているんだ」と不意に声を掛けられるんじゃないかって気がして妙に落ち着かない。あと、今日不意にやはり思い出したのだが、小学生の頃家の壁を登る遊びをしていた。壁|土|壁図解するとこんな感じ。小学生の頃住んでいた家の玄関廊下が狭くてさ。壁に両手を突っ張って「ヒョッヒョッ」と登って天井まで行くの。なんか楽しくて繰り返し登ってたな。
■09'03/18■実家の植物の世話しに行った。居間の窓側にはチェスとが在り、上には置き時計、その正面に小さな鉢がある。先週金曜には動いていた時計は止まっており、鉢には花が咲いていた。バラードの描きそうな光景と思えるのは、まあ、くどくどしく書くことでもないよな。
■09'03/17■例えば俺が、車椅子に乗っていて、あんたは俺にこう言ったとするじゃない。「貴重な経験から学ばさせていただきます」と。したら俺は言うわな。あんたにささやかな経験を与えるためにこんな洒落た椅子に座っているとでも?学びたいなら今すぐ背骨折ってやるよ、と。仮に介助の方法を身に付けるって意味合いだったり常套句だったかもしれんが。言い訳じみてるわな。面接とかでよく聞かれるんだよ、「介護の仕事を通して何を得ましたか」と。介護じゃねえ介助だし。お前らの無神経さを学びましたと正直に言えばいいのだろうか。ふとこの手の面接思い出しイライラすることがある。
■09'03/16■日記について考え、古い日記を読み返した。11年前のものだ。この頃の俺の人称は「僕」。いつから「俺」を使うようになったのかが、漠然と記されえていた。昔から日記は連続的にではなく断続的に付けていたから人称の変化が数ヶ月遅れの日記で発見できる程度で何月何日ってのは書かれてない。ただ人称に「俺」ってのを使うのには今もまだ抵抗がある。何か合わない服を着ている様な気がしてソワソワする。とは言え、僕って響きにも同様違和感を感じていた。ただ言えるのは、できるだけ強い響きが求められてきたから用いだしたんだろうな、と思う。「私」や「僕」ってよりもタフに聞こえるし、「自分」というにはニヤつき過ぎる。ただ「俺」って響きには違和感を覚えている。
■09'03/15■沢山家事をやった。3月なのに、二十日分しか日記が書かれていない。オーストラリアって映画で使われてるのEXPLOSIONSINTHESKYなのかDOMAKESAYTHINKなのかが気になって仕方がない。もしかしたら、どちらでもないのかもしれない。もっと書かないとならないこともあるが、公開日記って書ける範囲が限られるから日記として機能してない。大概のブログが書かないでもいいことばっかじゃねえかって思っていたが、公開前提ってのはどーでもいいことばっかになるのも仕方がないのかもしれない。
■09'03/14■今日は今日とて歯医者。一部で有名なとこらしく。笠井潔「青銅の悲劇」読んでいるけれども余りに分厚く宅読み専門に。近所の定食屋で読んでいたら「立派な本だねえ」と言われました。読んでいる人が立派とは限らない。が、それは笠井氏は悪くない。全部僕が悪いんです。雪がすげえ。いつまで降んのよ。
■09'03/13■ええ。確かに忘れていましたよ。日記。何から書こうかなあ。ね、こうやって毎日つけてないから溜まってしまうのさ。なんだってそうでしょう。煙草の吸殻も一本一本はええがね、灰皿が山盛りポテトフライみたいになってんのはどうなのか。豆に続けるのが肝心。服も脱いだら脱ぎっぱなしにしない。CDも出したら仕舞う。食ったら食器もすぐ洗う。今日はね、僕ぁそういうことを言いたい。
■09'02/14■思うに、先が分からないというのが肝心なのだろう。今の在り様が分かっていたならば何も抗ったり必死になったりしなかっただろうし。恐らく大事なのは現状を着地点としないことだ。予想と現実を混同するのは妄想と現実の区別を付けないくらいに馬鹿馬鹿しい。頭がいいと自惚れているか、思考停止しているかのどっちかだ。2月には珍しく、雨が降っている。
■09'02/11■日記・・・。まあ、いいんだ。うん。ZAが2Kのサポートを止めたのでSPFに乗り換えた。ファイアウォールらしいなあ、って実感する。設定が俺には難しい。が、愛着が沸く。
■09'01/30■遂に、日記のことを本当に忘れてしまった。思い出したら一週間経ってるし。えー、今日は、ファニーゲームを観た。USAヴァージョン。おいおいレヴュウ書くので読んでください。おういえええ。
■09'01/23■ほら見ろ。日記つけた日でグラフ作ったら綺麗に曲線描いちまうだろ。ネットハック未だに幸運の石手に入れた後死んでしまう。納得いかねえ。
■09'01/18■二日間で随分話したなあ。17日は日影と話、18日は日影が帰った後、夕方に友人と会い。こうしてまた地下に潜るのだ。次ぎ会う時が楽しみだってのは嬉しいことです。本当にそう思います。
■09'01/16■すっかり日記を書いていたのを忘れてたから15日と16日のは17日の朝書いている。今日は日影と落ち合うのだ。
■09'01/15■すっかり日記を書いていたのを忘れてた。バラードの「時間都市」読み終わったらここ暫くは読まずに溜まっている本を読むことにする。
■09'01/14■引き続き最近考えていたことを纏めたく幼馴染と話す。実践実践。また友人が愛知から鈍行でこちらへ向かってきている。日曜日に到着するのだろう。楽しみだ。新年からこっちずっとワクワクしっぱなしだ。
■09'01/13■ここ数日友人から電話をいただく。新年らしい会話ができて非常に嬉しい。
■09'01/10■自業自得で随分と気分が悪い。
■09'01/09■帰省してるんだけれどもね。実家に帰ると飯作る?自分でさ。俺作るよ。一品くらい。てかね、新聞にそーゆーのカッコいいって書いてあった。もうね、こーゆーところからアッピールして行くわけさ。分かる?分かる?人の見ていないところで善行なんてね、したくないじゃない。ポイントアップがためにやんだよ。そーゆーのわ。分かる?前面に押し出していかないと。腹とかさ。悩むじゃない。前面に押し出てきてんなあ…って。分かる?
■09'01/07■ZAを使っていたんだがWIN2Kだとアップデート対応していないらしくSPFに乗り換えてみた。これまで簡易ファイアウォールで済ませてきたからいじるの大変。
■09'01/06■長電話をして身体を鍛えると新年らしい発言をしてしまった。背筋てやるの嫌いなんだけれども、腰骨ぐちゃぐちゃだから筋肉で支えないとなあ。
■09'01/05■おっと。早いな。もう毎日更新できてねえ。ワイエスって画家がグッと来る。最近偶然が重なりワイエスが集まってくる。幸先良い。”忘却される風景”ってのはサイヴァーパンクしてる。サイヴァーパンクってのは名詞ってより、動詞だ。これ日記か?
■09'01/03■監督と役者と茶を。久方振りに会って直ぐ馴染むのは割りに変化が少ないからなのか、安定感があるからなのか。要考。良い時間だったが、これまでの過ごし方に反省も多い。もうちょい必死になれるだろう。
■09'01/02■実家に帰省中で今日は墓参りです。俺宅は墓参りが初詣だな、そういや。少しは景気のいい話してえわ。いや、ほんと。
■09'01/01■新年あけましておめでとうございます。このサイトもなんだかんだで6年目になろうってくらい。定期更新できればいいなあ。